ライフ

息子の「一人で寝られない」を克服するため、あれこれやってみました。【その1】

息子、小学校中学年。

夜、一人で寝ることができません。

お恥ずかしながらもっとぶっちゃけますと、私以外の人と一緒に寝ることができません。

一人っ子が故に、、、?

先に一人で寝室に行くこともできません。暗い階段を登って寝室まで行く道中がこわいのだとか。階段は電気がつくし、道中といってもわずか5秒ほどなんですが。

うちは、旦那、私、息子の3人家族なんですが、寝るときは、私&息子/旦那に別れて寝ています。昔からそうだったので、私と一緒に布団に入るのが当然だと息子は思っています。こういうとき、兄弟がいると一緒にお風呂に入ったり、一緒に寝室に行って寝たりと、自然と子供だけでの行動が身につくんでしょうか。ビビリな息子の性格も関係してか、なかなか単独行動ができないまま、でも私もそれほど深刻に考えずに普通に生活をしておりました。

初めてのお泊まり

ある週末、同級生の友達家族と一緒にお祭りへ行き、話の流れで友達宅にお泊まりさせてもらうことに。

一緒にお風呂に入って一緒にゲームで遊んで、、、ワクワクする友達と息子。息子はゲームのことで頭がいっぱいで、おそらく夜寝る時のことまでは考えていないだろう。その友達は同じ保育園出身の一番の仲良しで、家族ぐるみでお付き合いをしておりお互いの家をしょっちゅう行き来している間柄ですが、お泊まりは今回が初めてです。

「・・・(いろいろと)大丈夫?」念のためこっそり確認すると、

「は?何が?俺、全然大丈夫だし!」

と強気の発言。ホ、ホンマかいな〜ちなみに、私の弟夫婦には子供が4人おり、息子と同世代なのでよく一緒に遊んでもらっています。何度かお泊まりにも挑戦しましたが、寝る寸前に「やっぱり帰る」と泣きだし、成功したことが一度もないという過去があります。でも、それからだいぶ経ってるし息子もそれなりに成長して強くなっている。(ような気がする)

うんもしかしたらいけるかも!!

とお泊まりセット一式を持たせて送り出しました。(友達のママは、息子のビビリな性格も過去のお泊まり失敗話もよく知っている)

夜中の0時過ぎ。私の携帯電話に友達ママから呼び出しが。「帰りたいと泣いておりまーす(^o^;)」そして電話の向こうでヒックヒック泣いている息子の声。やっぱりダメなのか…あんまり泣いていると友達も起きてしまうしご迷惑なので自転車でダッシュで迎えに行きました。事情を聞くと、「眠れない」と何度かパパさんママさんの部屋を訪れ、最後は涙ながらに

「僕にはこういうの早かったみたいです」

と必死の訴え。パパさんは顔を背けて笑いをこらえていたとか。

「うちの息子には夜中にお腹が痛くなって帰ったとか適当に言っておくから、またいつでもお泊まり特訓しにおいで」と優しく言ってもらいました。本当にどうもすみませんでしたーーー!!友達宅からの帰り道、「ママ、、ほんとに、、面目ない。」と言って後ろでシュンとしている。

“面目ない”なんて言い回しができるのにお泊まりはできないのかと心の中で笑いつつ、そろそろ何か対策を考えなければ、このままでは5年生の林間学習も危うい気がして若干焦ってきた私。息子本人もこのままじゃマズイと自覚しているようで。「お泊まりが平気になる方法を一緒に考えよう」と励ましながら帰りました。

息子の決意

家に着いて一緒に布団に入り、まさに今のこの状況を変えるため、さぁ、どうしようか。どうしたらいいと思う?と聞いてみると、考えに考えて「よし!これから毎週土曜日だけパパと寝ることにする!」と決意した息子。

えーと、今日がその土曜日なんすけどね。じゃあ決意が変わらないうちに早速、、、と促しましたが「ら、来週からにする!!」ということになりました。

ん?えーと、何かな?俺と寝るのが罰ゲーム的な?と、旦那は何となく腑に落ちないようでありますが、とりあえずお泊まり特訓の第一歩!!『ママと離れて寝る(週末限定)』を始めてみたいと思います。

ABOUT ME
Qiri
Qiri
ビール大好きアラフォーワーキングマザー。 下戸で甘党やや口下手な旦那と、常にハイテンションやや不思議系小学男子を家族に持ち、毎日の晩酌を生きがいに、ほどほどに手を抜きながらも家事に育児に日々奮闘しております。
ON to OFF

オンとオフは働く人の毎日にちょっとした楽しみや情報を発信する、オンからオフまで楽しめるブログメディアです。